東京の医学部予備校メディカルスクールIG 医学部受験は新宿南口から徒歩3分の本校へ!

メディカルスクールIG

13期生(2011年4月入学) 卒業生座談会

本音で語る! IGってどんな予備校?どうやったら合格できるの?
合格を目指す後輩へのアドバイス・メッセージ

13期生 卒業生座談会

(取材:Web制作会社 株式会社アーティストユニオン S)

今回座談会に参加してくれたのは、メディカルスクールIGを卒業した13期生の5名。座談会は久しぶりの教室で先生方を閉めだし、卒業生5名と取材担当Sだけで行われた。
さすがにひとつの目標に向かって一緒にがんばったIGの仲間だけあって、久しぶりにもかかわらず話が弾む。座談会は2時間近くにもおよび、取材したSもびっくりの本音トークが展開された。
“ぶっちゃけトーク”も交えて楽しく語り合ってくれたので、できるだけそのままお伝えします。
※IGの仲間(実名)のおもしろエピソードや先生の“ものまね”トークは割愛します(笑)。

<参加メンバー> ※上部写真左から順に。
中村佑介さん
日本医科大学医学部2012年入学(成城学園卒)
豊岡達志さん
日本医科大学医学部2012年入学(桐蔭学園卒)
岩内聡太郎さん
東京慈恵会医科大学医学部2012年入学(函館ラ・サール高卒)
小林倫子さん
日本医科大学医学部2012年入学(跡見学園高卒)
嶋村美穂さん
東海大学医学部2012年入学(跡見学園高卒)

IGを選んだ理由は何ですか?

岩内さん
中村さんのお父さんの紹介。菊地先生と面談して感触が良かったので速攻決めたって感じかな。
中村さん
弟が先にIGをとおして昭和大学に入ったので。
前の大学からこの課題やってきてくださいというものをやらずに、普通に大学の授業の勉強ばかりして終わって、7月からここに入ったって感じ。(中村さんは帰国子女)
みんな
外国からヤバいやつが来るぞって、すごいヤツが来るぞって(笑)。
マンガみたいに。ライバル現る!みたいな。
小林さん
医学部専門の個人塾で少人数制が良いと思って、ググって、資料をいろいろ集めていた。新宿というアクセスも良かった。
嶋村さん
私は結局二浪で入ったわけですが、一浪の時にあまりいい予備校に巡り会わなくて、二浪が決定してしまった時に、小林さんに電話して「来年どうする?」って相談したら、小林さんが「うーん、IGに続けて通ってみようかな」って言っていたので、彼女が変えなくていいと思う予備校なら私も通ってみる価値があるかなって。
豊岡さん
2年前にIGにいて東医に入った先輩のお父さんの紹介で、いいらしいよって。
それで菊地先生と面談した感じが、もっと(自分に)ガッツいてくると思っていたのに飄々としていてムカついた(笑)ので、「この人を(自分に対して)唸らせてやろう!」と思って。
みんな
確かに菊地先生の言葉はでかい!
そう、そう。
俺は、面談のとき、「合格させますから(熱く)」と言われ・・・。
なにか“もっている”よね。
うん、うん。
IGは人づて(紹介)が多いよね。過去をみてもこの人兄弟なんだとか、出身高校が一緒だとかが多い気がする。

IGはどんな予備校だと思いますか?

13期生 卒業生座談会

豊岡さん
僕たちが入った大学の人たちが通う予備校って大手が多いけど、ああいう大人数の予備校と違って、少人数だといいとこあったよね。
岩内さん
距離が近い。先生との距離が近いし、生徒との距離も近い。
大手は並んで先生に質問するとか。IGは終わってバッと質問して聞けるしね。
中村さん
確かに距離は近かったよね。
豊岡さん
面倒見が良かった!
嶋村さん
干渉されたくない人には向かない。
豊岡さん
中村さんとかって、結構すぐ帰ったりしていたでしょ。
そういう人でも出来たっていうのはある?実感として、(先生から)ぐいぐい来たって感じ?
中村さん
こっちからぐいぐい行ったんじゃない?そうじゃないと受かんない気がするよね。
豊岡さん
たしかに。僕もね、あっち(先生)から来たっていうより、割と僕からぐいぐい行ったような。
あっちからも来たかな。あ、来たな。
嶋村さん
やる気さえあれば勉強の仕方が分からない人でもちゃんと面倒はみてもらえる。こういうふうに勉強したらいいよ、ここやったらいいよとか。
みんな
確かに。ペースがつかみやすかった。
そうだね。
確かに、この時期にこういうことをやろうっていうのが分かりやすかった。
今は、計算力を伸ばしていこうよとか、単語力をつけていこうよとか。
個人的なアドバイスがもらえるのは大きいよね。
うん、先生からね。自分で言わなくても。

IGの講師はどんな先生方でしたか?

13期生 卒業生座談会

豊岡さん
全員大好きだったけどね。
みんな
うん。うん。
~数学の先生たちについて語る~
豊岡さん
M先生とか、「わっ、ウゼ~!」って時もあったけど、でもあのウザさが大事な時があったよね。意外といいこと言うんだよね。
小林さん
私、(数学の先生が作った)テキストが好きでした。あと、授業でいろんな解き方を教えてくれるところとか。
嶋村さん
ノートとか取りやすかったしね。
豊岡さん
(数学の先生たちは)バランスとれていたよね。
みんな
うん、キャラ的にも。
嶋村さん
K先生は数学の出来る体育教師って感じ。
みんな
確かに(笑)。
あのプレッシャーの中でやるっていうのが大事だったんだよね。
うん、試験の時も実践的で。
うん、締めるところは締めるって感じだよね。
~英語の先生たちについて語る~
豊岡さん
(英語の先生たちも)バランスとれていたと思う。教えていることもね。
中村さん
うん、(バランスが)とれていたよね。
嶋村さん
K先生はかなりニッチなところまで教えてくれた。
小林さん
K先生の授業は今、聞きたいですね。
嶋村さん
私は、M先生の医療系の英単語を覚えさせられたのが、大学一年生になってすごい役に立った。
みんな
そう、そう。むしろ、今やりたい。
あれ(単語集)、まだあるわ。
うん、とってある。
中村さん
S先生は精密で、文系的な英語を読ませてくれた。
嶋村さん
(S先生は)ひたすら文を読んで言って、こういう事が書いてあるよって・・・内容把握に秀でた先生だった気がする。
嶋村さん
M先生って予備知識が豊富過ぎたよね。英語の授業をやっているのに、気が付いたら地学だったとか(笑)。
~化学、生物の先生について語る~
豊岡さん
KK先生はエース級だったよね。この人に着いていけば、みんな大丈夫だよねっていうような安定感があった。
中村さん
飽きそうな人には、違う題材から出してみて、デキる人も簡単に出来るし、デキない人もそれなりに出来るような題材を扱っていたような気がする。
みんな
教えるセンスがハンパなかったな。
センスがあって、謎の先生だった。趣味も多いし(笑)。
みんな
Sちゃん!みんなの癒し。
岩内さん
すごい、基本が大事なんだなっていうのを教えてくれた。
嶋村さん
授業で説明不足のところを補足プリントとか出してくれた。それがかゆいところに手が届く感じだった。
豊岡さん
T先生も結構好きだった。
一番覚えている名言は、「答案の8割に手をつけなさい。その8割の中の8割合っていれば6割です。それなら受かりますよ。」って。僕は今でもそういう気持ちでいる。結構目安になるから。
いつもTくんと一緒に遊んでくれていた。腕相撲とかしてくれていた。(笑) いい先生だったよ。
中村さん
S先生は、雑多な分野の知識をコンパクトにまとめてくれる先生。無機のところの沈殿反応とかもシュッとまとめてくれたりとか。すごく、覚えやすくまとめてくれた。
岩内さん
生物の基礎は、暗記分野とかあるからね。KK先生は考察を、S先生は暗記の方をって感じ。
みんな
酸化銀の話、覚えてる!
「Dくん(生徒の名前)がお母さんからもらった銀のペンダントを温泉に浸けたら黒くなっちゃった。」「どうするんだ、Dくん!(先生のものまね)」(笑)
先生的には還元すると元に戻ると言ってほしかったんだろうけど、「お母さんをどうやって慰める」って先生が聞いたら、Dくんは、「もう一度、買ってあげる」って言って(笑)。
かわいい~!!Dさん。
(先生が)僕は泣いちゃったよって言っていた。「感動したよ、Dくん」って(笑)。
~物理の先生たちについて語る~
豊岡さん
Y先生は個別も受けていたんだけど、いろいろな問題を解かせてくれた。
嶋村さん
数をこなさせてくれた。
豊岡さん、嶋村さん
S先生は、ひとつの問題でいろんな解き方で示してくれる。
豊岡さん
めちゃめちゃ早く解ける解き方とか教えてもらった。
10分くらいかかるのに、3分くらいで解けるものとか教えてもらって。
こいつはスゲーなって思った(笑)。
マル秘テクみたいなものを持っている先生だったね。
嶋村さん
(S先生は)綺麗な回答の解き方も教えてくれる先生だった。
Y先生はノリが良かった。
豊岡さん
そうだね。ノリが良かった。でも、いろんな相談とかもした気がする。
豊岡さん
(それぞれの先生が)お互いにないところを補ってバランスよく教えてくれた気がします。

IGのオリジナルテキストはどのようなものでしたか?

岩内さん
毎年変わっているでしょ。これ(オリジナルテキスト)。
1冊の本で渡されない分、まとめるのが大変だけど、あれ(バインダーに綴じていく形式)の方が実践的でいい気がする。
豊岡さん
そう、そう。プリントがどんどん貯まっていくんだよね。
嶋村さん
そう。ファイルと穴あけパンチが必需品。
穴あけパンチは支給されるけど、ファイルは自分で買いに行く。
みんな
4月とか、みんなで買いに行かなかったっけ。そう、そう。(笑)
嶋村さん
分厚いのが10冊じゃ足りない。結局、最終的には20冊くらいは貯まる・・・みたいな。
岩内さん
確かに・・・。あの形式は斬新で良かった気がする。
豊岡さん
僕は、テキストやって、その問題をルーズリーフで解いて重ねて、次のテキストが来て・・・というようにミルフィーユみたいにしていた。
豊岡さん
僕、試験に行く前に最後に、たまたま、先生とやった問題を見返していたんだよね、数学。それが日医の問2で出たんだ。本当に出る問題がテキストに載っていたって感じ。
みんな
ま、だけど、俺ら、相当の量やったよね。
後期がヤバかった。 怒涛って感じ。
岩内さん
前期は、(数学の)演習問題も全部やりきれないレベルにある。
嶋村さん
復習はかなりおっつかないくらいの量はやったと思う。
岩内さん
やっぱ、テキストと言ったら、あの(英語の)K先生のテキストはすごい。あれ全部自作だよ。
みんな
あれ、すごいですよね。
重箱の隅をつつくような・・・。
どの問題来てもいい・・・みたいな。
豊岡さん
あと、(英語の)M先生のテキスト。
みんな
ああ。英文が載っているんだよね。英文が長めで、和訳が対応している。
小林さん
あれは読みものとしてすごく楽しい。
豊岡さん、岩内さん
あれ、今でもCD4陽性とか、見直す。
みんな
うん。うん。うん。(盛り上がる)
僕、物理選択だったから、そういうの結構助かった。
M先生のテキストはすばらしい。後にも残る。
(オリジナルテキストは)全体的に、問題演習が中心だよね。問題やって、その根底になる知識を学ぶ・・・みたいな。
前期は、基礎的な内容があって、それを使った問題って感じだったような。後期は確か、問題だけ。
前期で知識を固めて、後期で問題を解くみたいな。
岩内さん
ぶっちゃけ、前期だけでも受かるからな。
嶋村さん
前期を固めれば、結構いける。
みんな
うん、前期は大事だった気がする。
前期のテキストと後期のテキストは、同じ時期で対応していた。

IGの授業はどのようなものでしたか?

嶋村さん
テキストが問題中心だったから、必然的に問題解説が中心だったよね。ただ、問題解説をしながら、こういう基礎が前提にあるからねっていう説明もちゃんとしてくれる。
前期は、問題を使いつつ、基礎を覚えていく感じだった。後期は、ガンガン解いていった。
岩内さん
後期は(問題を解く)時間が決められていて、先生が、「この問題は10分かな~」って。
その繰り返しだったな。予習もあったけど。
豊岡さん
でも楽しかったよね。
僕、化学とか結構楽しかった。毎回楽しみだった。
岩内さん
授業は確かに楽しかった。
小林さん
化学と生物は好きでした。
中村さん
化学と生物と英語が楽しかった。数学は苦痛で仕方なかった(笑)
小林さん
数学も先生によっては楽しい。
岩内さん
ぼくは、(英語の)K先生の授業が一番楽しみだった。
岩内さん
大手と違って、あてる式(生徒を指定して質問する)の感じが良かった。
みんな
ああ。確かに。
それで、前にあてて出来なかったことを把握されているから「復習してきたよな」って、聞かれたりして。それで、「やんなきゃっ」てなるしね。
(英語の)K先生は(それぞれの生徒が)苦手な部分をよく知っていました。
よく(それぞれの生徒を)見ていたよね。
そういえば、先生はみんな、よく(それぞれの生徒を)見ていたよね。
その辺は、少人数ならではの良さだと思う。

毎週行われる確認テストはどのようなものでしたか?

嶋村さん、小林さん
(英語の)ターゲット、きつかったよね。1週間に200個覚えさせられて。
ターゲットだけでヒーヒー言っていた。ターゲットの熟語と英単語のやつ。
豊岡さん
毎週の確認テスト、僕、これでかなり知識系の基礎、固まったと思いますよ。
嶋村さん
私、英語の勉強は、この土曜のテスト以外、ほぼしなかった。単語と例文覚えさせられて。
岩内さん
なんてったって、数学だよね。
全部入試問題だしね。
小林さん
私、数学は楽しみでした。
豊岡さん
いいよね。大学の入試問題解けるとさ。気持ちいいよね。
みんな
(数学の確認テストは)いい問題でした。
今週解いたテーマを入試問題にすると、こういう感じだよ、みたいな。
それか~!うわ~!っみたいな。
豊岡さん
俺さ~、(数学の)K先生としてはあたり前なんだけど、俺たちは全然知らないことがあって。本当に基本的なことだったんだけど。それで、先生に「~なんて教科書に書いてあるだろ~!教科書読め!(ものまね)」って言われて。
岩内さん
ああ。俺は4月始まる前のプレ期間みたいな時に教科書買いに行った。
(IGに)入った時に、ぜったい教科書は全部読めって。
それで、慈恵の小問の証明問題に(教科書の内容が)出た。微分の定義を使った式。
あの問題をみて、やっぱ、教科書だなって。
岩内さん、豊岡さん
結構、人の点数とか気になったよね。
嶋村さん
先生の中での合格点があって、合格点を超えた人は呼ばれる。
岩内さん、豊岡さん
結構、そういうの(合格点で呼ばれる)好きだった。
くるか、くるか、キタ~~!って。
みんな
週一でそういうのがあると、緊張感あるよね。
うん。うん。

IGのオリジナル模試はいかがでしたか?

13期生 卒業生座談会

みんな
IG模試な~。そこに張り出されるやつね。
みんな
これ(IGオリジナル模試)は良かったと思う。
僕もそう思う。全部で7回(模試の回数)。
うん。模試毎にデータを取ってくれるし、その回ごとに各先生が一言一言コメントくれたもんね。
小林さん
一回、すごい悔しい時があった。オリジナル模試で落ちたことがあって、泣いたことがあります。 ダメだと思って。このままじゃ受かんないなと。
岩内さん
そういうふうに追い込まれるテストではあった。
みんな
(オリジナル模試は)入試問題を組み合わせたやつだよね。週の確認テストより難しい。範囲も決まっていない。ボリュームも多いし、時間も長い。丸一日使ってやる。
嶋村さん
オリジナル模試が近づいてくると、みんながカリカリしだすっていう・・・。
豊岡さん
3回目か4回目の時に、中村さんが新生ニューカマーとしてスタートをきったんだよね。
僕は中村さんにぜったい英語勝ちたいって思って。帰国子女をぶちのめしたいと思って(笑)。すごくがんばって、一回だけ抜かしたことがあったっけ。
みんな
常に勉強しているから、模試用の勉強はしなかったな。
うん、備えられないよね。傾向とかないんだもんね。
IG模試は試合みたいな感じだった。
すごく、楽しかった。

学習意欲はどうやって維持していましたか?

みんな
やっぱり、学習意欲はこれだよね。IG模試。
そう、IG模試だったね。
豊岡さん
IG模試でいかに相手に勝つか。でも、なんか殺伐としてなかったと思うんだけど、どう?
岩内さん
悲壮感は漂わない感じ。
嶋村さん
あ、でも。自習室の中は、たまに殺伐とすることがあった(笑)。
みんな
一回、小林さんに怒られたよね。
小林さん
え、マジですか? え、え、(覚えてない)。すみません(笑)。
豊岡さん
こっち側で騒いでいたんだよね。それで「自習中なんですけど!」って(笑)。
みんな
Kさん(生徒)も怖かったかな(笑)。
でも、今思えば、そういう人がいなきゃダメだったよね。
ピシッとする。
うん、うん。
今となっては、良き思い出。

IGでの予備校生活を振り返ってつらかったことは?

中村さん
こういうの(つらかったこと)って、忘れない?
小林さん
暖房と冷房が・・・。
みんな
ああ。そのバトルはあったな(笑)。
岩内さん
つらかったことってそういうレベルなの(笑)。
予備校生活、つらかった思い出ないな。
中村さん
結局、(つらかったことは)なにもなかった気がするな。
豊岡さん
楽しかったよ。僕は。
嶋村さん
常につらかった。私は常に不安だったもん。
来年もこんなだったらどうしようっていう。
二浪目だったし。逆に、その不安感のせいで勉強に集中できなかった。
豊岡さん
不安はなかったね。僕は。言われたことをやっておけばいいだろうって思っていたよ。
岩内さん
不安はなかった。
先生がお前はぜったい受かるからって。
中村さん
うん。たぶん大丈夫みたいな感じではいたよね。
小林さん
一浪目は別に良かったんですけど。二浪目になって受かんなかったらどうしようかなって。
予備校生活はつらくはなかったけど、試験期間になったら少しつらかった。
岩内さん
やっぱ、考えちゃいますよね。いろいろ。確かに。
嶋村さん
一浪で受かった組は、現役でどこか受かったの?
岩内さん
いや、まったく。
だって、俺、高校3年生の最後のセンター模試が偏差値46みたいな。国語が70点みたいな。
中村さん
(笑)それこそ、本かけるよ。
岩内さん
うーん。試験期間はみんなつらいってことで。

IGでの予備校生活を振り返って良かったことは?

13期生 卒業生座談会

中村さん
楽しかったよね。
みんな
楽しかった。
レクリエーションとかね。
フットサルとかやったよね。キャンプ行って。(合宿で)卓球大会もやったよね。
バーベキューもやった!私はカレー作った。ピザも焼いたよね。飯盒で米を炊いたりした。
豊岡さん
サッカーボールを受けていて、なんか、お前(岩内さん)、落ちそうになったよね。
スッと消えて、あ、死んだって(笑)。
みんな
(笑)マンガみたい。
みんな
卓球大会って予想が当たったら商品が出たよね。誰が優勝したの?
岩内さん
たしか、俺です。
豊岡さん
レクリエーションだけじゃなくてね、僕は日々の生活も楽しかったんですよ。
普通にお昼ご飯とか。昼休みとか。授業終わりとか。
みんな
授業終わりも遊んでいたね。
ああいうの、楽しかったね。
全体的にあの年、みんなの仲が和やかだったよね。
女子も仲良かったしね。男女の距離も程よい。暖房とかは対立していたけど(笑)。
良い距離感だった気がする。最後まで雰囲気が良かった。試験の前も敵対する感じじゃない。
うん、足を引っ張ろうって感じはなかった。
最後までよかった感じがする。メンバー良かったと思いますよ。
私もそう思う。メンツ大事だね。
中村さん
(IGは)人づて(紹介)も多いし、へんなのが来ないっていうのもあるよね。
みんな
Dくんとかさ、いなかったら受からなかったよね。癒し系。
Yさんかわいかった。
なつかしい。なつかしいな。
メンバーに恵まれていたね。

思い出に残ったエピソードがあれば聞かせてください。

豊岡さん
俺は3.11のときかな。
あの日、普通に岩内くんとDくんと3人でひたすらパターンを解いて、3人で昼ごはんを食べたんだよね。その後教室に戻って、僕は化学の問題集を解こうと思って、なんか寝ちゃった。そのときグラッとなって、俺がビクッとなったのかなと思ったら、みんなうろうろしていて・・・。
なんだ?と思ったら、バンバン音がして。それでみんなで机の下に隠れて。
収まってから外に出たら、ビルが揺れていて。
その日は交通機関が全部マヒしていて、ここに泊ったんだよね。
でかい部屋の机を寄せて、3人でこうやって(集まって)。
Hくんだけ別の部屋だったんだけど、こっちに来ないって言って4人でワンセグのラジオを真ん中に置いて、枕はトイレのペーパーの空いていないのを先生が持ってきてくれて寝たんだよね。
「(先生が)お前ら、死ななくて良かったよ~。」っていって。いい先生だなって思った。
豊岡さん、岩内さん
あの時、ぜったい受かろうなって話したよね。
した、した。
ちょっと、熱い話なんだけど。Dくんと3人で、この先生はどうやら本当にいい先生だぞってことになって。
そう。どうやら本物だって(笑)。
豊岡さん
それで、ぜったい、あの先生を喜ばせようって話をして寝たんだよね。
次の朝、先生が買ってきてくれた牛丼を食べ、帰った。
嶋村さん
合宿行ったとき、先生がすごい、線量計買って来なかった?
それで、「女の子は大丈夫だからな~!」って。別にそんなに大切にしなくても大丈夫だからって(笑)。
ウザいほど(笑)、気にしてくれていたよね。
豊岡さん
あれだけ心配するって、すごいよな。本当に、預かっているって感じだったんだよな。
岩内さん
(自分の)子供って感じだったもんね。
嶋村さん
一次試験が受かった人には面接対策ってしてくれるじゃない。過去のデータとかもらえて。
岩手の一次に受かった時に、「お前、面接の練習するぞ」って呼ばれて、面接の練習をして。
入ってくるところから、ありがとうございましたって出てくるところまで。
終わったら、開口一番、「お前しゃべれるんだな」って言われた。
「なんだと思っているんだよ、私を!」って思った(笑)。
岩内さん
後期の確認テストで、割と前期に比べて受かっていた回数が多くて。
一度、みんな受かっていて、ぜったいにいつもは受からないと思っていた人も受かっている時があって。その時、俺は落ちて。うわっ~、あいつに負けたってなって。先生に呼び出されて、「おまえどうした?」って言われて、「いや~、点数取れなかったっす」って言って。
悔しくて、家に帰って、川、めっちゃ、走った。
そしたら、Uさんから電話来て、おまえどうしたんだって。
豊岡さん
その日だけ、(岩内さん、)やたら早く帰ったんだよね。
それで、「あいつ、どうした?」って、みんな、心配したんだよね。
だって、いつも9時までみんなで一緒に勉強して、“っせいの~”で帰るのに、急に早く帰るからどうしたの?ヤバくねって。じゃ、電話しようって。
みんな
友情が・・・。すばらしい!熱いな~。
小林さん
私のエピソードは、一浪で入って、一浪で入った子が他に何人かいて、私だけ下のクラスだったんですよ。クラス分けが発表されて、その時は、なにでクラス分けされているか分からなくて。そしたら先生が「下のクラスだけどがんばれよ」って言って。上のクラスみたら、他の一浪の人がいて、これはヤバいんだなって思った。
中村さん
エピソード、(改めて)言われるとないんだよね。
嶋村さん
クリスマス近くになって、下のコンビニがチキンを売り始めて、外で店員さんが、むっちゃ、うるさかったことがあって。そしたら、先生が下に降りて行って帰ってきて、「今、ひとこと言ってきたから」って。それで、おー!って、なったことがあった。
みんな
かっこいい。そういうこと、(先生が)やってくれるんだよね。
(先生は)めっちゃ、行動力あるよね。

合格を目指す後輩へのアドバイス・メッセージ

豊岡さん
先生達を信じて、まじめに勉強すれば大丈夫。
岩内さん
やれってことをこなせば、受かるはず!
小林さん
あきらめずに、がんばれば大丈夫です。
嶋村さん
この道のプロが言ってくれるんだから、騙されたと思ってこなしてみようよって。
岩内さん
そう。あれこれ脱線すると、どんどん、遠ざかっていく。
嶋村さん
頭空っぽにして、言われたんだからやろうって。余計なことは考えずに。
小林さん
変なことやらないほうがいいですよね。
豊岡さん
先生から言われたことが正しくて、それをやれば受かる。
豊岡さん
先生の言う通りやっていれば、2つくらい上の学校には行けます。
俺は元、東医志望だったからな。
岩内さん
うん。俺も昭和志望だったから。
豊岡さん
IGは、ちゃんとやっていれば目指せるところは目指せる予備校だと思います!
小林さん
私もそう思います。
嶋村さん
勉強が分からないだけじゃなくて、勉強法が分からなかったら、勉強法からちゃんと教えてくれるもんね。面倒はみてくれる。
みんな
あとは、いい仲間がいて、お互いを高めあえればね。たまにバカなことをしながら。
ちょっと、息抜きも必要だからね。
嶋村さん
私みたいな、ちょっと抜けているようなヤツも、なんとかなるようなところ。がんばって!

13期生 卒業生座談会

医学部予備校メディカルスクールIG

  • 〒151-0053
    東京都渋谷区代々木2-5-3 イマス葵ビル4F
  • JR各線新宿駅南口徒歩3分
    都営大江戸線新宿駅徒歩2分
    都営新宿線新宿駅徒歩2分
    JR代々木駅徒歩8分
  • お問い合わせ・資料請求はこちら
    TEL: 03-5365-1213
    FAX: 03-5365-1939
ページトップへ