東京の医学部予備校メディカルスクールIG 医学部受験は新宿南口から徒歩3分の本校へ!

メディカルスクールIG

合格体験記

笹又 勇人

自分の弱いところから目を逸らさず、努力をすることの大切さ、勉強をすることの意味を学びました。

笹又 勇人

獨協医科大学医学部2015年 入学
土浦日大中等教育卒

中等教育学校時代は空手やサークルに打ち込み、医学部を目指そうと考えていた時点の学力は、大好きだった生物を除いてかなり低水準でした。たまたま親が、受験の待ち時間に高校の先輩の親と知り合ってメディカルスクールIGの話を聞いたことから、浪人が決まる前に見学に行きました。菊地先生と面談をして、合格を勝ち取った先輩方は2月の時点からスタートを切っていることを知り、先生の人柄や少人数性、環境の良さから、すぐにここで勉強を開始することにしました。その時は、浪人して勉強すれば何とかなるだろうと甘い考えを持っていましたが、すぐに、医学部受験は年々厳しさを増していて偏差値だけでは合格を確信することはできなくなっていることを痛感し、やり方を考えないといけないと思いました。

特に数学に苦手意識があり、菊地先生に個別指導をお願いしました。菊地先生と相談し、表面的な付け焼刃のような学習ではなく、遠回りでも最初からやり直しをすることを決めました。まずノートの汚さを指摘され、毎回きれいに丁寧に書いたつもりが、「なめているのか」と何度も怒られました。その時は一体どうしたらいいのかと悩みましたが、後から過去のノートを振り返って見てみると、指摘されていたことの意味が初めて分かりました。また、諦めてすぐ答えを見る癖を指摘され、何時間もかけて1つの問題を解いたこともありました。たくさんの問題を解いたほうがよいのではないかとの焦りがある中、たった1問に時間をかけるのは勇気の要ることでしたが、これにより数式もきれいに書け、道筋を立てて解けるようになり、成績も大きく伸ばすことができました。

浪人は辛いものです。自分だけが取り残されたような気分になります。しかし、この時を生かすも殺すも自分次第です。自分の弱いところから目を逸らさず、努力をすることの大切さ、勉強をすることの意味を学びました。そして、いい仲間に恵まれて充実した時間を過ごすことができました。一番伸びた教科が数学だったため細かいエピソードを書きましたが、医学部受験は、全ての教科に自信を持つことができて初めて戦えると思います。各教科の先生方には、自信をつけていただいたので、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

医学部予備校メディカルスクールIG

  • 〒151-0053
    東京都渋谷区代々木2-5-3 イマス葵ビル4F
  • JR各線新宿駅南口徒歩3分
    都営大江戸線新宿駅徒歩2分
    都営新宿線新宿駅徒歩2分
    JR代々木駅徒歩8分
  • お問い合わせ・資料請求はこちら
    TEL: 03-5365-1213
    FAX: 03-5365-1939
ページトップへ